So-net無料ブログ作成

元船長、傷害罪を否認=シーシェパード捕鯨妨害初公判―東京地裁(時事通信)

 反捕鯨団体シー・シェパード(SS)による調査捕鯨船妨害事件で、傷害や威力業務妨害などの罪に問われたSSの小型高速船元船長でニュージーランド国籍のピーター・ベスーン被告(45)の初公判が27日、東京地裁(多和田隆史裁判長)であった。ベスーン被告は、酪酸入りの瓶で船員にけがを負わせたとされる傷害罪について、「いかなる人も傷つける意図はなかった」と否認した。
 ほかの四つの罪については起訴内容を認めた上で、威力業務妨害罪について「背景にはいろいろな事情があり、これからの審理で明らかにしたい」と述べた。
 ベスーン被告は2月15日に南極海を航行していた日本の調査捕鯨船「第2昭南丸」に侵入。3月12日に同船が東京港に入港した際に逮捕された。
 起訴状によると、ベスーン被告は2月11日、第2昭南丸に向けて酪酸入りのガラス瓶を発射。酪酸を飛散させて甲板上にいた乗組員に軽傷を負わせ、同船の業務を妨害したなどとされる。 

【関連ニュース】
【動画】シー・シェパード妨害船と衝突=日本船、けが人なし
〔写真特集〕調査捕鯨
児童殺害予告で28歳男を逮捕=「防災無線うるさい」
爆発物騒ぎで、男を逮捕=ハローワークに包み置く
逮捕されても戦い続く=マグロ密漁妨害で出港へ

首相、普天間5月末決着「閣議で何らかのことを決めたい」(産経新聞)
<トキ>早くも、ひな誕生Tシャツ 「テン敵?」モチーフも(毎日新聞)
<小沢幹事長>「代表の発言は党の公約」 首相に苦言?(毎日新聞)
<小沢幹事長>潔白を強調…再び不起訴(毎日新聞)
<愛知・豊川の家族5人殺傷>長男「悪いことをしてしまった」と反省 地検支部、鑑定留置(毎日新聞)

450万詐取容疑で逮捕=他人名義で貸付金申し込み−警視庁(時事通信)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。