So-net無料ブログ作成
検索選択

ボディスキャナーで透撮チェック 成田空港でも(レスポンス)

国土交通省は、7月に成田空港に、爆発物探知のためのミリ波型ボディスキャナーを設置する。

ボディスキャナーによる所持品検査は、2009年12月にアメリカ・デトロイト行きのノースウエスト機で起きた爆破テロ未遂事件を教訓に各国で導入が進んでいる。金属探知機で発見できない化学物質などの爆発物関連物質を発見するための対策。

検査方法は、ミリ波を搭乗者の全身に照射、全裸状態の体型を透視し、不審物の所持を検査するというもの。

7月の成田空港への設置は、常設のための実証実験で、約1か月間にわたって運用方法や評価手法を検討する。設置されるボディスキャナーは3モデルあり、国内メーカー1種類と海外2種類で比較検討される。

国土交通省航空局は設置に先立ち、4月に「ボディスキャナー実証実験実行委員会」を発足。実証実験で使用された機種の検知能力の評価や、搭乗者のプライバシー保護など導入に向けた課題について検討する。実行委員会メンバーは未定。

ボディスキャナーの積極活用は、前原国交省が出席したアジア太平洋地域航空保安大臣会合で共同宣言として採択され、30日の閣議後会見で、日本国内での実施を前原氏が発表した。

《レスポンス 中島みなみ》

【関連記事】
業界初、空港対応型レンタルバイク 新千歳に開店へ
900km/hで飛行中の操縦席でハイ、チーズ!?---写真公開
航空・宇宙 特別編集
国土交通省 特別編集

B型肝炎、7地裁で追加提訴(産経新聞)
【あれから、15年 警察庁長官銃撃事件】(上)迷走の初動捜査(産経新聞)
強盗容疑で28歳男逮捕=290万円奪い6年逃走−警視庁(時事通信)
腎臓を左右誤って摘出=小山市民病院で医療事故−栃木(時事通信)
外国籍船の輸送規制緩和=沖縄2地域で特例措置−前原国交省(時事通信)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。