So-net無料ブログ作成
検索選択

入管元職員に実刑=在留手続き汚職−東京地裁(時事通信)

 フィリピン人女性らの在留資格認定手続きで便宜を図った見返りにわいろを受け取ったとして、収賄罪に問われた元東京入国管理局成田空港支局の統括審査官小倉征史被告(54)=懲戒免職=に対し、東京地裁は17日、懲役2年、追徴金580万円(求刑懲役3年、追徴金580万円)の実刑判決を言い渡した。
 判決理由で菱田泰信裁判官は「長期間わいろを受け取り便宜供与を続けており、極めて悪質」と述べた。 

【関連ニュース
給与支払いで強制執行求める=市長告発も
贈賄側会社社長に有罪=在留手続き汚職
女性触った職員を懲戒免職=NHK
ほかの少年2人にもわいせつ行為=少年院教官を再逮捕
職員への給与支払い命じる=阿久根市の懲戒免職問題

普天間の県外移設案検討も示唆 官房長官(産経新聞)
トキ「観察用ケージ」白紙、安全性再検討へ(読売新聞)
小沢幹事長あての金属弾 5件は実弾と鑑定 警視庁(産経新聞)
防衛相が「普天間の危険性除去イコール全面返還だ」 (産経新聞)
<能古島切断遺体>不明の32歳会社員と判明(毎日新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。